Non-discrimination Policy – Japanese (日本語)

注意事項:日本語を話される場合、無料の言語支援をご利用いただけます。(TTY: )まで、お電話にてご連絡ください。

 

Discrimination is Against the Law

Guardian Angel Hospice は適用される連邦公民権法を遵守し、人種、肌の色、出身国、年齢、障害、または性別に基づく差別をいたしません。Guardian Angel Hospice は人種、肌の色、出身国、年齢、障害、または性別を理由として人を排除したり、異なる扱いをいたしません。

Guardian Angel Hospice:

  • 効果的にコミュニケーションを図るため、障害のある人に以下の支援やサポートを無料で提供いたします。
    • 資格ある手話通訳者
    • その他形式の文字情報(大きな活字、音声信号、手軽な電子形式、その他)
  • 英語を母語としない人へ以下の言語サービスを無料で提供いたします。
    • 資格ある通訳者
    • 英語以外の言語で書かれた情報

これらのサービスを必要とされる場合は、[Compliance Officer]までご連絡ください。

Guardian Angel Hospice がこれらのサービスの提供を怠ったり、人種、肌の色、出身国、年齢、障害、または性別に基づいた何らかの方法で差別したと思われる場合、こちらまで苦情を申し立てることができます:[Compliance Officer]、513 W. Lincoln Rd. Kokomo, Indiana 46902、[Compliance Phone Number]、 TTY: 、[Compliance Fax Number]、[Compliance Officer's Email]。苦情の申し立ては、直接、または郵便、ファックス、メールで行うことができます。苦情を申し立てるにあたり援助が必要な場合は、[Compliance Officer] がお手伝いいたします。

また、公民権に関する苦情は、U.S. Department of Health and Human Services(保健社会福祉省)のOffice for Civil Rights(公民権局)へ、Office for Civil Rights Complaint Portal https://ocrportal.hhs.gov/ocr/portal/lobby.jsfから電子申請するか、以下へ郵便または電話で申し立てることもできます:

U.S.Department of Health and Human Services

200 Independence Avenue, SW

Room 509F, HHH Building

Washington, D.C.20201

1-800-368-1019, 800-537-7697 (TDD)

苦情申立書はhttp://www.hhs.gov/ocr/office/file/index.htmlよりダウンロードいただけます。